恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 新婚の楽しさ > あいさつができる嬉しさ

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

あいさつができる嬉しさ

「おはよう」や「おやすみなさい」、さらには「行ってきます」「ただいま」といったあいさつは、自宅にいた頃には当たり前のように家族へ向けて告げていたという人は多いのではないでしょうか。今の恋人と出会い、新たにそうした機会を得たという人もいるでしょうが、「恋人」の段階では、自分が望んだ時に必ずしもそうしたあいさつができる訳ではありませんし、返してもらえる訳でもありません。

挨拶をするカップル

ですが、結婚して家族になるということは、その機会を得られるということなのです。出会いから間もない時期には、直に会うことができなくても、メッセージアプリケーションなどを利用してそうしたあいさつを交わしていたという人もいるかもしれませんが、感情の伝わりやすい「声」を使って、その場に相応しい「言葉」を選んで行われるあいさつは、デジタル文字とは比較できないほど嬉しいものです。

その時々の、相手の表情や体調を気遣ってかけられる「あいさつ」の言葉は、一緒に暮らしているからこそのものですし、それに答える場合も、そこには相手に対する「想い」が込められるはずです。こうしたさまざまなあいさつは、人間関係の基本であると同時に、ひとりではできないことでもあるのです。ですから、新婚時代にはぜひとも、互いに向けるあいさつを忘れずに行うべきですし、それを長く続けることは、関係を壊さないためにもとても大切なことなのだということを覚えておいてください。

あいさつができない、相手から顔を背けるという行為は、心に疚しいところがあるからだと言われているように、人間関係においてそれはとても大切なことだと考えられてきました。だからこそ、もっとも身近である夫婦間でこそ、それは毎日行われるべきですし、それこそが円滑な結婚生活の一歩でもあるのです。新婚生活は、まず、互いへのあいさつから始まるのだということをしっかり覚えておくだけでなく、毎日実践することが大切なのです。

2016.01.01