恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬心を落ち着かせる > 自信を育てる

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

自信を育てる

出会いから間もない時期は、交際が始まった喜びをかみしめている人が多く、およそ「嫉妬」という言葉とは無縁な時期ということができるのではないでしょうか。出会いから間もないそうした時期は、交際期間の中でももっとも幸せな時期であり、互いについての理解を深めようと努力したり、しっかりとした関係を築くために努力したりしている時期でもあることから、周りと比較したり、何者かの言葉に惑わされたりする余裕がまだない時期だということができるでしょう。

双葉の植物

ですが、交際が長くなってくると、周りを見回す余裕もできてきますし、恋人以外の言葉も耳に入ってくるようなります。良く言えば、友人や知人からのアドバイスに耳を傾けられるようになる時期に入ったということですし、悪く言えば、自分たちの関係を指したものではない言葉までが気になるようになる時期になったということでもあります。つまり、互いにのみ夢中になっていた時期には気づかなかったものに気づくようになってきたということです。

そうした時期に抱きやすいのが、「嫉妬心」です。嫉妬心というものは、その対象よりも自分が劣っていると感じた時に芽生える感情です。恋人が視線を向けた先や、他の恋人たちと自分を「勝手に比較して」生み出してしまう感情なのです。そうした気持ちを鎮めるためには、自分に自信をつけることがなにより大切です。

そのためには、まず、相手のどこに嫉妬をしているのかを明確に知る必要があります。性格的なものなのか容姿なのか、はたまたそれ以外のなにかなのか。それを知る過程でも、嫉妬心はどんどん膨らむことでしょう。ですが、原因さえ分かってしまえば、あとはそれを退治してゆくだけです。恋人がどういったところに目を奪われたのかが分かれば、そして自分のどこが相手よりも劣っていたのかに気づくことができれば、それは修正可能なのです。世の中にある「嫉妬」の多くは、自分を磨き、自信をつけることで退治したり回避したりすることが可能なのだということを覚えておいてください。

2016.01.12