恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬心を落ち着かせる > 自分を磨くこと

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

自分を磨くこと

恋人が欲しいと願う人の多くは、出会いの場へと足を運ぶ際、自分に磨きをかけてゆくのではないでしょうか。好みの異性と出会いたい、その相手から好ましいと思ってもらいたいという気持ちから、いつもよりも張り切って、オシャレをして出かけたという人は多いことでしょう。また、そうした努力の甲斐あって始まった交際当初も、嫌われたくない、より好ましいと思ってもらいたいという気持ちから、自分を磨く努力を続けていた人は多いのではないでしょうか。

瞑想をする

ですが、関係が長くなるにつれて、そうした努力をやめてしまう人は意外と少なくないようです。それは、関係性が深まったり、互いに対する理解が深まったりしてきたことで、「嫌われない」という自信がついてきたからだと言われています。ですが、そうしたものは、保とうという努力をしなければ直ぐに廃れてしまうものなのだということを、忘れてはいないでしょうか。

関係性にうぬぼれて努力を怠った結果、恋人の視線が別な誰かに向けられたり、誰かと比較するような言葉が出てきたりした場合、あなたはその相手に嫉妬心を抱くことでしょう。ですが、そうさせたのはあなた自身が努力を怠ったからだということを自覚しなければなりません。

「嫉妬心」とは、自分がまだ持っていないものや、自分が憧れているものをすでに手にしてしまっている人に対して抱く感情です。人と比較されることで、それを意識させられるからこそ抱く感情でもあります。ですから、それらを入手できるように努力したり、比較された部分を埋めたりすることで、大抵の場合は解消できるものでもあるのです。

恋を始めた当初、好きになってもらいたい、好きでいて欲しいという気持ちから続けていた努力をしなくなったことで、嫉妬の原因が生まれたのだとしたら、そうした努力を再開させることでそれらを軽減したり消滅させたりすることは可能なはずなのです。嫉妬に時間を費やすよりも、自分を磨いて自信をつける方がよほど建設的ですし、確実にステップアップができることから、そうした努力をすることがお勧めです。

2016.01.14