恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬心を落ち着かせる > 気分転換をはかる

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

気分転換をはかる

「嫉妬なんて醜い感情だ」そう考える人は世の中には多いのではないでしょうか。そう思っていても、知らず知らずのうちに芽生えてしまっている、それが「嫉妬」というものなのです。特に、恋愛の場において、嫉妬は芽生えやすい感情のひとつだということができるでしょう。

深呼吸

出会いから間もない時期は、互いのことに夢中になっていることから、他の異性が目につくことなどほとんどありませんし、自分の恋人こそが最高の存在だと考えていることから、誰かと比較しようなどと考えることもないでしょう。結婚当初の親密さを表す言葉に「蜜月」というものがありますが、これには「親密な関係」といった意味や「とても仲が良い」といった意味も含まれていることから、交際当初の関係を指して使われることもあります。この言葉の通り、そうした時期は、嫉妬が入り込む余地などない時期でもあるのです。

ですが、人とはわがままなもので、出会いからある程度の時間が経ち関係が深まってくると、「ないものねだり」を始めます。他の恋人たちと自分たちとを比較して、「こうありたかった」「こんな風にして欲しかった」などという感情を抱くようになったりするのです。理不尽に比較された恋人は、その対象に対して嫉妬心を抱いてしまうことも多く、それが原因で時には関係が破たんしてしまうこともあるのですから、そうした不用意な発言や考えは控えた方がいいですし、恋人に対してそうした考えを抱く前に、自分が恋人らしく振る舞えているかを省みることが大切でしょう。

恋人からの不用意なひと言を向けられた方は、それを真に受けて嫉妬に振り回されないことが大切です。それを回避するためには、自分がこの恋のためにしてきた努力を振り返り、自分をしっかり認めてあげることが大切ですし、ひとりで気分転換をはかったりすることも大切です。恋人の言い分が絶対であるなどと思わないことも重要ですし、なにより、自分らしく恋人を好きでいることが大切なのだということを忘れないようにしてください。

2016.01.20