恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 嫉妬心を落ち着かせる > 嫉妬心とは

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

嫉妬心とは

とある宗教では、人は七つの罪の源を有していると言われています。俗に、「七つの大罪」と呼ばれるそれは、「傲慢」「色欲」「怠惰」「暴食」「憤怒」「強欲」「嫉妬」に分けられていて、どれもが「人を罪に導く可能性の高いもの」とされているようです。この中で、恋愛中、または交際中に抱きがちなのが「嫉妬」だということは、誰もが身をもって経験したことがあるのではないでしょうか。

束縛

出会いから間もない時期には想像もしなかっただろう、「嫉妬」という気持ちは、その多くが自信のなさの表れです。ですから、出会いから間もない、互いに理解を深め、より親密な関係を築けるようにと努力し、そのことに夢中になっている時期にはあまり気づくことのない感情だということができます。ある程度関係が深まり、周りと比べる余裕が出てきたり、関係がマンネリ化してきたりする頃になると、自分の中にそうした気持ちが芽生えていることに気づく人が多いようです。

嫉妬心が芽生えるきっかけは、自分の中に欠けているものを見つけた時であったり、自分がまだ手に入れていないものを手にしている人と対峙した時であったりと、相手よりも自分の方が劣っていることを自覚した時が多いようです。それはつまり、「自分に自信がない時」だということができるでしょう。

ですから、嫉妬をやめたい、そんな感情は持ちたくないと考えるのであれば、自分を磨き、自信をつけることがお勧めです。恋人の視線がどこかへとさまよってしまわないように、他の異性についてばかり語ることがないように、あなたが自分を磨き、魅力的になって惹きつければいいのです。嫉妬心に打ち勝つには、その源となっている劣等感や焦燥感を減らす努力をすることが大切であり、そうすることは交際をスムーズに進めるためにも大切なことなのです。

「嫉妬」と耳にすると、「醜い感情」というイメージを抱く人は少なくないでしょうが、それを抱いた時は、自分がステップアップするチャンスでもあるのだということをぜひ覚えておいてください。

2016.01.22