恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 気持ちの伝え方 > 時にはストレートに

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

時にはストレートに

交際を始めた人のほとんどが、出会いから間もない頃の自分はずいぶんと素直だったと感じているのではないでしょうか。出会いから間もない時期というのは「好かれたい」という気持ちが強く、ウソがばれた時のことをきちんと考えることから、大きな見栄を張ろうと考えたりはしないようです。ウソ偽りなく、思ったことを素直に伝えるということは、関係を深めてゆくためには重要で、それを心得ているからこそ、人は交際当初は素直になれるのかもしれません。

耳元で囁く

そうした、「素直に伝えられた言葉」には、さまざまな効果があります。特に、好きな人からの言葉というものには、相手に大きな影響を及ぼす力が潜んでいるのだということを覚えておいてください。好きな人からポジティブな言葉をもらうと、前向きになれたり気持ちが高揚したりしますが、反対にネガティブな言葉をぶつけられると、他の誰にそうした言葉をぶつけられた時よりも落ち込んだり後ろ向きな気持ちになってしまったりするものです。

ですから、恋人へと気持ちを伝える際には、言葉を上手に選ぶことと、TPOを考えることも大切です。ネガティブな言葉を使わなければならない時には、周りに人がいないことを考慮する必要があります。ネガティブな言葉をかけられると、人は羞恥心を覚えたり、同じようにネガティブな言葉を相手へと返しがちですが、その際、周りに人がいると、そうした感情が増幅する傾向にあるからです。必要以上に互いを傷つけないためには、そうした配慮が必要なのです。

反対に、ポジティブな言葉をかける時には、相手の知人や友人がいる場所など、認知してくれる人がいるところを選ぶことがお勧めです。人のいるところでそうした言葉をかけられると、かけられた相手の満足度や高揚感は増す傾向にあるからです。ですから、そうしたプラス作用をもたらす場所を選ぶことが大切なのです。そして何より重要なのは、ポジティブな気持ちほど、ストレートに、分かりやすい言葉で伝えるべきだということです。

2016.01.26