恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 気持ちの伝え方 > 恥ずかしくても伝える

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

恥ずかしくても伝える

「ごめんなさい」や「ありがとう」という言葉は、人間関係を築くうえで基本の言葉だということができるでしょう。それは、恋愛における関係にも当てはまります。「ごめんなさい」や「ありがとう」だけでなく、「好き」や「愛してる」という言葉は、言うべき時にきちんと伝えることができれば、関係をスムーズに進めてくれるだけでなく、絆を深めてくれたり、ふたりの間柄をより親密にしてもくれます。

ハートを差し出す

出会いから間もない時期には、こうした言葉は割と躊躇いなく出てくることが多いのですが、交際が長くなってくると、これらの言葉を使うことを「恥ずかしい」と感じるようになる人は多いようです。出会いから間もない頃は、相手に嫌われたくない、より好ましく思って欲しいという願望が強いため、そうした言葉をきちんと相手に伝えようと考える人は多いのですが、交際が長くなってくると、関係が深まったり理解が深まったりしてきたことで、相手に対する「甘え」が出てくるからです。

「言わなくても分かってくれる」「きっと許してくれる」という、そうした思い込みが言葉にすることを躊躇わせたり、そうしなくてもいいと考えさせてしまい、結果、相手に誤解させてしまったり不快な思いをさせてしまったりして、関係を拗らせることになったというケースは意外と多いことから、交際が長くなってきたカップルはこうしたことに気をつける必要があります。

人は、自分の考えや気持ちを伝えるために「言葉」というものを持っているのですから、いつであれ、どんな時であれ、それをちゃんと「音」にして伝えることが大切なのです。交際当初ならともかく、交際が長くなってからそうした言葉を口にするのは恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、恥ずかしい、照れくさいと思う言葉ほど、大切な意味が込められていることが多いので、そうした気持ちを乗り越えて、勇気をもって伝えることが大切なのだということを覚えておいてください。

2016.02.05