恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 外見じゃない > 交際の糧となるもの

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

交際の糧となるもの

出会いから交際へと進んだ時、大切になってくるのは、相手のことをどれくらい思い遣ることができるか、労わったり気遣ったりできるかです。相手のことが「好き」なのですから、それくらいできて当然だと考える人もいるでしょうが、心から思い遣るためには、まずは相手のひととなりをしっかり理解する必要があることから、一朝一夕に「できる」ことではないのです。

年月

出会いの決め手がなんであれ、関係を深めてゆくためには互いについてよく知る必要があります。なぜなら、互いの好ましいところをより多く見つけることで、「好き」という気持ちは育ってゆくものだからです。人は、好きな相手にしか興味は抱きませんし、興味を抱いたことによって知りたいという気持ちが湧き、そこから関係を深めてゆくためのさまざまな気持ちを育ててゆくのです。思い遣りや気遣いといったものも、そうした気持ちのひとつです。

ですから、交際のきっかけが外見の華やかさなどだった場合であっても、長く交際が続いているケースは、ちゃんと互いについて理解を深め合い、そうした気持ちをきちんと育てることができてきたのだということができるでしょう。

好きでなければ、相手を労わろうという気持ちや、思い遣る気持ちは芽生えてきませんし、反対に、そうした気持ちが芽生え、実際にそれを実践しているという人は、相手のことがとても好きなのだということができるでしょう。より親密な関係になるためにも、絆を深めてゆくためにもこれらは欠かせないものであり、恋愛や交際における「糧」だということができるでしょう。

交際相手のために、いつまでも美しくありたい、格好良くありたいと願う人は多いでしょう。ですがそれよりも、好ましいと感じる部分を見つける努力を続け、互いに対する思い遣りや労りの気持ちを持ち続けることの方が重要です。そうすることは長く良好な交際を続けてゆくうえでとても大切なことなので、常に心にとめておきましょう。

2016.02.24