恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 神経質にならない > ポジティブシンキング

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

ポジティブシンキング

あなたは、どれくらい関係が進むと、相手からの信頼を得られたと考えるでしょう。時間の経過でそれを量るでしょうか、それとも、相手に対する理解度でそれを量ろうと考えているでしょうか。恋愛に限らず、人と人との関係は、すべて目に見えないもので成り立っていることから、関係性を量ることはとても難しいということができるでしょう。出会いから交際へと順調に進むことができた場合であっても、人がそれだけでは安心することができないのは、そうした理由があるのです。

カレンダー

出会いから交際へと進んだ直後は、まだ気持ちが高ぶっていることから、互いに相手を好きだから交際が始まったのだと信じることができていることでしょう。ですが、「好かれている」という自信がある一方で、常に「嫌われたらどうしよう」とも考えているのではないでしょうか。不安は誰もが抱くものですし、そうした気持ちを抱くことによって、相手に対する優しさや気遣う気持ちが育ってゆくので、一概にネガティブな感情だからと否定してしまうことはできません。

ただし、不安の形を少しばかり変換する努力はした方がいいでしょう。「嫌われたらどうしよう」という気持ちを、「そうなるかもしれない」という可能性の方向に進めるのではなく、こうすればより好きになってもらえるのではないかという方向に変えてゆくことは大切です。「能天気になれ」ということではなく、そうした後ろ向きな思考は相手へと伝わりやすく、あらぬ誤解を招いてしまう可能性もあることからやめた方がいいということなのです。

不安を抱えていると、人は神経質になり、言葉や感情が尖ってしまいがちになります。それらは、交際のマイナス要因になりこそすれ、プラスに働くことはないので、でき得る限り解消することが望ましいですし、ポジティブな考え方ができるように自身を鍛えることも大切です。神経質になるのではなく、細やかな配慮ができるように、そして、それを労わる気持ちや思い遣る気持ちへと変換できるようになることが望ましいのです。

2016.02.25