恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 主導権 > 得手不得手を理解する

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

得手不得手を理解する

互いについての理解が深まってくると、互いの得手不得手についても詳しくなってきます。もし、相手が不得手とするものが自分の得手であった場合には、率先してリードしてあげることが大切ですし、自分が不得手としているものは、相手にリードしてもらうことがお勧めです。そのためには、出会いから間もない時期に、積極的に互いについての情報交換を行うべきでしょう。相手についての理解が深まらなければ、なにが好きなのか嫌いなのか、どういったことが得手でなにが不得手なのかも知ることができないからです。

料理するカップル

ですから、出会いから交際へと進んだ場合には、積極的にデートを重ねることが大切ですし、相手に対してアピールしたいポイントについてばかり話題にするのではなく、自分のウィークポイントについても相手に知ってもらう努力をするべきでしょう。そうした部分を互いに話題にし、理解し合い、さらには補い合うことは関係を育ててゆく上でとても大切なことですし、そうすることでより親密さは増してゆくものでもあるので、「弱みは見せたくない」「恥ずかしいから知られたくない」などと思わず、それらについても話題にすることがお勧めです。

そうして知り得た情報の中から、互いの得手や不得手についての情報を見つけだし、自分が補えるところや相手に補って欲しいところについて話し合うことが大切ですし、実際にそうした場面に出会った時には、相手をリードしてあげることが重要なのです。どちらかが、一方的に恋愛関係における主導権を握るのではなく、どちらもが、相手が不得手とすることを補う形で主導権を握ることは、主導権を持つ側に対する不満が生まれないだけでなく、関係を円滑にしてもくれるのでお勧めの方法だということができます。

こうした、互いを補い合ったり労わり合ったり、さらには思い遣り合ったりすることは、ふたりの将来のためにも大切なことなのだということをぜひ覚えておいてください。

2016.03.30