恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 長続きの秘訣 > 干渉しすぎない

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

干渉しすぎない

誰でも、出会いから間もない頃というのは、相手のどんな些細なことについても知りたくて、普段よりも好奇心旺盛になるきらいがあるようです。デートはその欲求を満たすために行われると言っても過言ではなく、互いについての多くの情報がデートの場で交換されるのです。

手帳を取る

そうして交換された情報の中から、より親しく親密な関係になるために必要なものを拾い上げ、それを基に互いへの好感度を育ててゆくことで恋愛という関係は深まってゆくものなのです。ですから、出会いから間もない頃は、できるだけデートのために時間を割くことが大切だということができるでしょう。

ですが、互いへの理解がある程度深まってきたら、そうした好奇心は控えることが大切です。人はプライベートを大切にする生きものであり、必要以上に干渉されることを嫌うものだからです。また、関係が深まってからも過ぎた好奇心を持ち続けていると、理解されていないのではないかといった誤解を恋人に与えかねないので注意が必要です。ですから、好奇心を発揮してしまう前に、いままで交わした情報の中に、自分の知りたいと思う事柄の答えが既にあるのではないかと考えることが大切ですし、実際に振り返ってみることが重要でしょう。

相手がもたらしてくれた情報にしっかりと耳を傾け、度々同じことを尋ねてしまったりしないよう心がけることが大切ですし、「恋人である」ことを理由に、プライベートに干渉しすぎないことが、長く交際を続けてゆくためには大切ですし、それがコツでもあるのだということをぜひ覚えておいてください。

互いへの理解が進み、関係が深まってきたなら、好奇心を持ち続けることよりも「察する」能力を高めてゆくことが重要ですし、相手のプライベートを侵害しないための気遣いや思い遣りが大切になってくるのです。干渉のし過ぎは、恋人にさまざまな誤解を与えかねない行為であることを自覚し、長く良好な関係を続けてゆくためにも好奇心は控えるべきでしょう。

2016.04.07