恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 長続きの秘訣 > プライベートの尊重

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

プライベートの尊重

交際しているからといって、相手の行動のなにもかもを把握していなければならない訳ではありませんし、そうしたいという欲求を持つことも間違いです。出会いから間もない時期には、互いについての理解を深めることが重要なため、デートを繰り返しながらさまざまな情報を交換し合うものですが、そうした時期にプライベートな時間になにをしているのかを尋ねることと、関係が深まってきてから、相手のプライベートについて尋ねるのとでは、尋ねる側の意図も、尋ねられる側の気持ちもずいぶんと違うことでしょう。

ガールズトーク

出会いから間もない時期に尋ねるのは、まだ互いについての情報が乏しく、相手の趣味や嗜好について詳しくなりたいという思いから、プライベートな時間には、誰とどういったことをして過ごすのかを尋ねる人が多いのですが、関係が深まり、互いの趣味や嗜好、交友関係などについても詳しくなってきてからそうしたことを尋ねるのは、相手のプライベートを侵害することにもなりかねないので注意が必要です。また、尋ねられた方は、なにがしかの疑いを掛けられているのではないかと気分を害す傾向にあり、そのせいで関係が拗れかねないので気をつけた方がいいでしょう。

そうした疑問は、「恋人がなにをしているのか気になる」という純粋な気持ちから生まれたものかもしれませんが、反対の立場になって考えれば、例え恋人同士であっても、プライベートについて根掘り葉掘り尋ねられることがあまり愉快なことではないということが理解できるのではないでしょうか。

人は、どれほどに仲が良い人とであっても、長く一緒に過ごすとストレスを感じる生きものです。同じように、プライベートに興味を持たれることもストレスに感じる人が多いので、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、あまり立ち入り過ぎないことがお勧めです。互いのプライベートを尊重し合いながら過ごすことが、長く良好な関係を続けてゆくために必要なことであり、コツでもあるのだということを覚えておいてください。

2016.04.11