恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 季節別の出会い > 自分の心と向き合う

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

自分の心と向き合う

マリンスポーツやウィンタースポーツを楽しむという人の多くは、きれいな海やパウダースノーを求めて、生活圏から離れた場所へ向かうことが多いのではないでしょうか。週末や長期休暇を利用して、スポーツだけでなく、さまざまな事柄をその機会に楽しもうと計画する人も少なくないことでしょう。中には、この機会に恋人を作ってしまおうと考える人もいるかもしれません。

広大な海

人は、生活の場を離れると奔放になる傾向が強く、だからこそアバンチュールを楽しもうという気持ちになったり、新しい恋を探そうという気持ちになったり、出会いを期待したりしやすいものなのです。ただし、そうした場所での出会いや恋は、日頃であれば見えているものが見えづらくなっている場合が多いので注意が必要です。

そもそも、そうした場所へ赴く時、人はテンションがマックスに近い状態だと言うことができます。休暇であり、自分の好きなスポーツを存分に楽しむことができ、さらには美味しい食べ物やほかの楽しみにも出会えるかもしれないという期待がそうさせるのですが、往々にして、そうした時は注意力が散漫になっているものなのです。ですから、「恋人を見つけたい」と考え、そのためのイベントなどへ向かう時とは違って、相手のひととなりを見極める目が甘くなっているのです。

ですから、その場でどれだけ雰囲気が盛り上がったとしても、それぞれ生活圏へと戻ってみると、「果たして、これは恋なのだろうか」と考えてしまうこともあれば、交際を継続する意思がなくなってしまったりもするのです。もちろん、そうした場所での恋のすべてが、そうして終わってしまうものだということではありません。

テンションが高い時ほど、慎重に自分の恋心を確かめる必要があるということです。自分を落ち着ける努力をし、互いに気持ちをしっかりと確かめ合うことができたなら、そうした場所での出会いも恋も、儚く終わってしまうようなことはないでしょうし、良好な関係を築いてゆくこともできるのではないでしょうか。

2016.04.26