恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 季節別の出会い > 感傷から芽生える恋

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

感傷から芽生える恋

春は旅立ちの季節と呼ばれ、新しいことにチャレンジしようと考える人が一年で最も多い時期だと言われています。進学や就職など、新しい環境に飛び込む人も多く、出会いや期待に満ちた季節だということもできるでしょう。その一方で、春は別れの季節でもあることから、感傷的になる人も多いようです。慣れ親しんだ環境や友人たちとの別れを経験するこの季節は、人恋しいと感じさせる季節でもあることから、多くの人が出会いを求める時期でもあるようです。

卒業

同じような感傷をもたらす季節に、秋があります。落ち葉などが「終わり」をイメージさせるからか、夏とは違い、風景から鮮やかな色合いが失われてゆく季節だからなのか、秋にも、同じように感傷的な気持ちになる人は多く、「人恋しい」「誰かと一緒に過ごしたい」と考える人が多くなる時期だということができるでしょう。

感傷から始まる恋を、「そんなのは恋じゃない」と否定する人もいるかもしれませんが、人は、もともとひとりでは生きてゆけない生きものであり、ひとりでいることに「淋しさ」を感じるからこそ、恋人が欲しい、なにかを分かち合える相手が欲しいと願うものなのです。ですから、感傷的になることは決して悪いことではありませんし、そうした季節に人恋しいと感じるのも、恋人と一緒に過ごしたいと考えるのも、至極当然のことなのです。

ですから、いままで恋をしたことがなかった人や、ひとつの恋が終わって以降、新しい恋に出会っていなかったという人が、こうした時期に、感傷に誘われ恋を始めたいと考えるのもまた、とても自然なことなのです。友人に紹介を頼むのもいいでしょうし、そのためのイベントなどへ足を運んでみるのもいいでしょう。

感傷的になっている時期は、気持ちが敏感な時期でもあるので、出会った人のひととなりを見極め、恋人を探すには向いている時期だということもできるので、春や秋という季節に「人恋しい」と感じたなら、心のままに恋人を作ってみてはいかがでしょうか。

2016.04.28