恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 初対面の印象 > 直感を大切にする

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

直感を大切にする

出会いの場で、会話の機会を持つ前に「この人と交際したい、この人とは相性がいい」などと思ったことがある、そう感じたことがあるという人は少なからずいるのではないでしょうか。

ひらめく

それは「直感」と呼ばれるもので、これは、「もともと人間に備わっている能力」だと考えられているようですが、どちらかというと、「知らず知らずのうちに溜まった経験値が、この場において、もっとも有効な道を示してくれること」なのです。その判断までの時間があまりにも短いため、人は「閃いた」「運命を感じた」など、「神がかった感覚が与えられた」と表現してしまうのかもしれません。

ですから、出会いの場で「この人だ」という感覚を得たのだとしたら、それは今までの経験から、相性が良さそうな人を脳が瞬時に判断したということであり、そこには、無意識とはいえ根拠となる経験値があるのです。ですから、初対面のそうした印象は大切にするべきでしょう。そうした場所では時間も限られていることから、時間と機会をムダにしないためにも、自分の直感を信じることも大切なのです。

もちろん、その「直感」を話題のひとつとして、コミュニケーションを図るのもひとつの手です。上にも書いたように、多くの人は「直感」を特別な感覚として捉えているので、「この人だと直感した」などと言われると悪い気はしませんし、好印象を抱いてもらえる確率もあがるからです。それがきっかけで会話のチャンスが得られるなら、それは喜ばしいことですし、ぜひ交際したいと思っているのであれば、上手く話題として活用することがお勧めです。

「気になったので話がしてみたい」といったアプローチよりも、「直感があなただと言ったので」とい伝える方がインパクトはありますし、相手があなたに抱く印象も、前者と後者とではずいぶんと違うはずです。そして、初対面の印象というものは交際の決め手になることもあるので、好印象につながるのであれば、そうしたアプローチの方法を積極的に取るべきでしょう。

2016.06.02