恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 初対面の印象 > 確認と理解

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

確認と理解

出会いの場で、あなたは初対面の相手から受ける印象が、どれくらい本人の本来の性質と一致していると考えるでしょうか。自分の、「人を見る目」を信用して、受けた印象をそのままその人のひととなりだと信じる人もいれば、そうした自分の感覚を疑ってかかるという人も少なからずいることでしょう。これは、どちらが正しいということはできないのですが、多くの場合、出会いの場では、人は「好ましい人物だと思ってもらいたい」という欲望から、少なからず自らを装っているものなのだということは心に留めておいてください。

ヴェールをかぶった女性

ですから、「人を見る目」に自信がある人であっても、「七割は印象通り、三割は装っている可能性がある」と考えることがお勧めです。もちろん、好印象を持ってもらいたいという気持ちから装うことは決して悪いことではありません。むしろ、そうした場では自然な行動だということができるでしょう。意識していないとしても、あなたもそうしているはずです。この場合大切なのは、装っているかいないか、人を見る目があるかないかということではなく、人にはさまざまな側面があるのだということを忘れないようにする、ということなのです。

確かに、初対面の印象というものはとても大切です。多くの人は、相手に好ましいと思って欲しいという願いから、無意識のうちに自らを装ってしまいがちですが、だからといって本質のすべてが隠れてしまう訳ではありませんし、それが第一印象として出会った相手へと伝わるのですから、不完全ではあるものの、間違いではないのです。

初対面の時に受けた印象を基に交際を始め、そこから、どれだけ関係を深めてゆくことができるか、どれだけ理解し合うことができるかが大切であり、そうした努力を互いにすることが恋愛の楽しさであり、醍醐味でもあるのではないでしょうか。恋愛という関係は、初対面の印象を確認してゆく行為であり、その過程で見えてきた別な側面を理解し合うことで築いてゆくものでもあるのです。

2016.06.06