恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋愛でより深く愛される方法 > イメージを固めない

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

イメージを固めない

普段、なにごとにもクールに対応している人が取り乱すと、釣られて取り乱してしまうという人も多いのではないでしょうか。その人に対する信頼が厚ければ厚いほど、その人が取り乱すと釣られて取り乱してしまうという人は多いことでしょう。ですが、それは、その人が普段は「クールな対応を心がけている」ということであり、努力してそうあろうとしているということであって、決して、突発的な事柄に対する耐久性が高いということではないのかもしれません。

印象

出会いの場で、クールな雰囲気を好ましいと思い交際を申し込んだという人の中には、「中身もクールだ」と思い込んでいる人が意外と多いのではないでしょうか。特に、浮足立っている人が多い出会いの場でクールに振る舞っていると、とても印象に残るものですし、それが日常的な姿だと思ってしまう人も多いことでしょう。

ですが、人という生きものは多種多様な面を持っているものですし、そうした部分があるからこそ魅力的なのだということができるのではないでしょうか。ですから、「クールに見えた人」が、必ずしも「クール」だとは限りませんし、そう見えたということもまた、あなたの目にフィルターがかかっていてそう見えたというだけで、本人は自分がクールだとは思っていないかもしれませんし、上にも書いたように、突発的な事柄に対する耐久性が高いということとイコールではないのかもしれません。

ですから、交際を始めるのであれば、「こういう人だ」という思い込みを外すことが大切ですし、そうした心構えをしておけば、なにかの際に恋人が慌てたとしても、釣られて慌てるようなことにはならないでしょうし、恋人のイメージを大幅に修正する必要もないことでしょう。つまり、あくまでも、第一印象は第一印象であって、その人の内面のすべてを把握できたわけではないのだということを心に留めて交際を進めることが大切だということです。イメージを固めてから交際を始めてしまうことは、その後の関係にマイナスの影響を与えるので、気をつける必要があるのです。

2016.06.21