恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 普段クールな人 > 高嶺の花などない

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

高嶺の花などない

出会いの機会が欲しいと思い、イベントなどへと赴いた時、あなたはなにを基準にアプローチを始めるでしょう。出会い系イベントの場合、そこにいる人たちはみな「恋人が欲しい」と望んでいる人であることから、あとは自分の好みに合うか合わないかだと考える人は多いことでしょう。ですが、「好みのタイプ」であっても、なかなか声がかけづらい、気おくれしてしまってアプローチできなかったという人も中にはいるのではないでしょうか。

儚い美人

俗に、「クールビューティー」などと言われるタイプの女性がそれに当たります。「自分ではダメなのではないだろうか」「理想が高いのではないだろうか」と考える男性が多いことから、何度参加してみても、恋人ができない、話しが弾まないという不運な女性は意外にも多く、ですが、そうした女性のほとんどは、男性の側が考えるようなタイプではないのです。つまり、男性の側が勝手に「高嶺の花だ」と認定し、アプローチを躊躇っているだけということです。

涼しやかな見た目で対応もスマートだと、気おくれするという人は少なくないかもしれませんが、そうした女性であっても、そうした場所に赴いているからには「恋人が欲しい」と願っているひとりであり、その意気込みを抱いて参加しているのだということを忘れないでください。「高嶺の花」など、そこにはないということです。

クールに見えるというのは、見る側が勝手に抱いた印象であって、実際に話をしてみれば気さくな人柄かもしれませんし、思いのほかかわいらしい人かもしれません。それは、話してみるまでは分からないことなのです。ですから、まずはアプローチをすることが大切ですし、その上で、相性が良さそうかどうか、上手くやっていけそうかどうかなどの判断をするべきなのではないでしょうか。

美人過ぎる、クールに見えるなど、見た目だけで判断するのではなく、好みのタイプなのであれば、まずは会話の機会を得ることが大切ですし、そのためにそうした場が設けられているのだということを忘れないでください。

2016.06.22