恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 相手が大人だと感じる時 > 叱ることのできる人

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

叱ることのできる人

出会いから間もない時期は、互いについての理解を深めよう、より好ましいと思ってもらおうという気持ちが強く働くことから、互いの欠点と思われる部分を見つけたとしても、それを指摘しないでやり過ごすことが一般的には多いようです。好ましいと思う部分を探すことに夢中で、ほかの人が口にしたのであれば気にするようなことも意識してスルーしてしまったり、悪気はないのだと思い込もうとする傾向にあるのではないでしょうか。関係が不安定なうちにそうしたことを指摘し合ったりケンカをしてしまったりすることはとても怖く、だからこそ、人は出会いから間もない時期は「穏便に過ごそう」と考えるものなのです。ですが、果たしてそれはふたりの今後の関係にプラスになるのでしょうか。

ストップ

もちろん、ケンカを推奨している訳ではありませんし、穏便に過ごそうという気持ちが悪いという訳でもありません。ただ、今後も長く良好な関係を築いて行こうと考えているのであれば、疑問に思ったことや不快に感じたことも含めて、きちんと気持ちを伝え合うことが大切でしょう。その際に重要なのは、相手を傷つけずに会話を成立させることです。

恋人が、悪いことをちゃんと叱ることができたり、疑問や不快に思ったことをきちんと伝えたりしてくれる人であった場合、それは喜ぶべきことだということができます。なぜなら、それは恋人のためだけでなく、あなたのためにもなる行為だからです。多くの場合、「嫌われたくない」という気持ちから、きちんと伝えることをしなかったり、有耶無耶にしてしまったりする人が多い中、それをきちんと伝えてくれるということは、あなたとこの先も良好な関係を続けて行きたいと願っているからにほかならないでしょう。そうできる人は大人な人であり、あなたとの関係を大切に思っているということでもあるので、聞く耳を持つことがお勧めですし、きちんと応えられるよう努力を怠らないことを心がけてください。

2016.08.03