恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> デートの帰宅時間 > 時にはきっぱりと

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

時にはきっぱりと

出会いから交際へ進むと、誰もがデートをしようと考えるのではないでしょうか。せっかく得た出会いの機会をムダにしないよう、できるだけ早く関係を深めたい、関係を安定したものにしたいと考える人は多く、そのためにデートをしようと考える人は多いことでしょう。そうした時期は、ふたりでいることがなによりも楽しく、互いについての発見も多いことから少しでも長く一緒にいたいと思うものでしょうが、なにごとも「終わり」があるからこそ楽しいのです。だらだらと「終わり」を先延ばしにしていると、楽しい気持ちが変質してしまうのだということを覚えておいてください。

ドアを開ける

デートの時は、どちらもが「もう少し一緒にいたい」と考えていることでしょう。ですが、ふたりは恋人同士であると同時に、社会人でもあるのだということを心に留めておかなければなりません。仮にどちらかが学生であった場合でも、互いの立場を忘れてしまってはいけないのです。楽しいデートができるのも、そのための経費に困らないのも、社会人や学生というそれぞれの立場があってのことなのだということを覚えておいてください。ですから、時には自分の意思でその楽しい時間を切り上げる決意をすることが大切ですし、だらだらと帰宅時間を延ばすようなことにならないよう心がけましょう。

名残惜しかったり、淋しいという気持ちになったりする方が、その日のデートの楽しさが際立つものですし、そうした思い出が、「また会いたい」という気持ちにさせてもくれるのです。ですから、デートは時間を決めて、その中でしっかりと楽しむことが重要ですし、明日に備えるためにも、帰る時間は守るべきなのだということを、ぜひ心に留めておいてください。楽しい時間は終わりがあるからこそ楽しいのであって、延々とそれが続くと苦痛になってしまうこともあるので注意が必要ですし、長く良好な関係を続けたいのであれば、時間を守って楽しむべきなのです。

2016.08.16