恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 寂しがり屋 > 理性的すぎる男性

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

理性的すぎる男性

社会的に地位のある自立した大人の男性であっても、人並に寂しいという感情は当然抱きます。仕事の激務からようやく解放され、疲れ果てて帰って来た部屋に自分以外誰もいなければもちろん寂しいでしょう。美味しい食事を取るだけのお金はあったとしても、それを食べるのが自分一人きりではやるせない気持ちでいっぱいになるはずです。

抱きしめるだけの男性

自分の人生には仕事しかないと、密かに嘆く男性は意外に少なくありません。そしてこういった人に良い相手との出会いがあった時、その寂しさの反動は一心に彼女を愛することへと向けられていくのです。寂しいと直接口にすることは滅多にないかもしれません。基本的には彼女に対して紳士的であり、甘えるよりも甘えさせることの方が多いのかもしれません。けれどもし、抱きしめる時の縋るような腕の力にふとした瞬間気づけたのであれば、彼女としては素直でない彼を全力で甘やかしたくなるはずです。

直球で甘えてくる男性も中にはいますが、無言で懐いてくる猫のような男の人に意外と女性は弱いものです。普段がしっかりしているだけあって、そのギャップにときめく女性もいるでしょう。自分にだけ見せてくれるちょっとした甘えが、母性本能をくすぐっているのかもしれません。

自分の彼が頑張りすぎているようだと感じたときは、何も言わずに腕を広げて待っていてあげましょう。素直でない彼もその胸に飛び込まずにはいられなくなるはずです。甘やかし上手な彼女として、彼の寂しさを癒してあげると良いでしょう。

2016.11.16

カテゴリー
写真

2016.10.20

彼女の難点

写真

2016.11.02

依存恋愛

写真

2016.11.08

強気女子