恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 告白必勝法 > 相手への思いが募ってきたら

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

相手への思いが募ってきたら

「あの人とつきあいたい」と思ったとき、まずどうしたらいいでしょうか。告白するかどうかで悩むんでいる相手を、例えば長く友達づきあいをしている相手だということにしましょう。友達づきあいをしている人に好意を感じ、告白したいと思うことはよくあることではないでしょうか。

壁を突き抜ける思い

友達のままでずっと仲睦まじく、ケンカもしないでつきあっていきたいと思いながら相手のことを好きだ、恋人になりたいという感情が勝ってしまうこともあるでしょう。出会いから友達としての期間を経て、相手のことが好きという感情がどんどん大きくなっていく経験は多くの人にあるかもしれません。その思いが大きくなれば大きくなるほど、相手への好意を断ち切って、以前と同じただの友達として見ることは到底無理でしょう。

このまま悩み続けるのか、当たって砕けるのか、そんな思いに苦しむくらいなら思いきって相手に思いの丈を告白することをお勧めします。相手への好意を思いとどまる理由としては相手に他につきあっている人がいる場合があるかもしれません。そのときはあきらめるしかないですが、相手がフリーであった場合は遠慮することなく告白するべきです。

告白前は「断られたらどうしよう」とリスクのほうを考えてしまいがちです。その気持ちが告白を思いとどまらせてしまうのですが、果たしてそれでいいのかどうかしっかりと考える必要があるでしょう。断られることでそれまでの友達つきあいも難しくなってしまうというのであれば思いとどまりたくなる気持ちもわかりますが、結局告白しないままでいて後に後悔することになれば元も子もありません。後悔しないためにも自分の気持ちに正直になることが大切です。

2017.03.29