恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋人との温度差 > 歩み寄ることが大事

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

歩み寄ることが大事

長くつきあっていると、たまには仲違いのケンカをすることもあるでしょう。多少の考え方の違いはあっても当然ですから、むしろケンカもしたことがないといったカップルのほうが珍しいかもしれません。それでは、ケンカとはいかないまでも、ときおり二人の間に温度差を感じるとしたらどうでしょうか。こっちは寝ても覚めても相手のことが好きなのに相手のほうからはこちらのことをそれほど好きとは感じられなかったらどうでしょうか。聞いてみても、相手はそんなことはないよと言うでしょう。

抱きしめる

出会いからいつの頃からか恋愛関係に発展した二人です。お互いがお互いのことを好きと思ったのですからつきあいがはじまったのですが、その相手を好きという表現の仕方が自分とは違うことで、ついそれを温度差があると決めつけてしまうことがよくあるのです。

一方は毎日でも会いたいと思っています。そしてもう一方は友達関係も大事にしたいと考えています。お互いを好きという気持ちは変わらないのですが、恋愛に対する考え方が違いますから、どうしてもそこに温度差が出てしまうのです。

毎日でも会いたいと思うほうは当然相手もそのような気持ちになってもらいたいと思っています。しかし相手は友達とも遊びたい、自分の時間を確保したいとなってしまうと、この温度差というものはなかなか埋まりようがありません。

どちらかが歩み寄らなければならないのですが、こういう場合は相手に対して毎日でも会いたいという気持ちを抑えたほうが無難でしょう。熱を上げすぎると相手も重さを感じてしまいますし、熱は熱いほうがいいわけではなく適度なほうがいいのですから、まずは熱が低いほうへ歩み寄ることから始めてみましょう。

2017.04.24