恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋人との温度差 > 自然体でつきあう

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

自然体でつきあう

つきあいが深まっていくと、何とも言えない違和感を覚えてしまうことがあるでしょう。それはお互いの価値観の違いと考える人が多くいます。もちろんこれまでに育ってきた環境がまったく違うため、価値観の違いは当然だと言えるでしょう。

友達と遊ぶ

そして、恋愛をしていると感じる温度差もそういった価値観の違いとして考えてしまいがちですが、本来、価値観と恋愛の温度差というのは異なるものです。価値観はこれまで培ってきたものですが、恋愛の温度差は相手に対してのことですから、同じように考えるには無理があります。価値観の上に恋愛観があるという考え方もありますが、そう考えてしまうと問題が複雑なものになってしまいますし、生まれついてのものでしたら修復も不可能ということになってしまうので、それは考えない方がいいでしょう。

出会いからつきあいが始まってお互いのことがどんどん好きになっていくと、その好きという気持ちの度合いがお互いの中で違うことに気がついてしまう瞬間があります。相手といつでも一緒にいたいのに相手のほうはそれほどでもないということがあれば、どうしても気になってしまうでしょう。相手もこちらを好きでいてくれる気持ちは強いのに、それと同じくらい友達とも遊びたいのです。それを理解しなくてはいけませんが、そうするとこちらばかりが我慢しなくてはいけないのかと思ってしまいます。

お互いが歩み寄ることができたらいいのですが、丸く収めようとすると、一般的には気持ちの熱いほうを少し冷め加減にするほうがいいようです。熱いよりもちょっとばかり冷めた感じのほうが恋愛も長続きするでしょう。基本的には自然体で熱くならずにつきあうことが大切なのです。

2017.05.02