恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> 恋人との温度差 > しばらく会わないという選択

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

しばらく会わないという選択

いつものようにデートをしていつものカフェで他愛のない話をして、それがたとえ毎日ではなくても会っているだけで幸せだと思えるのが、恋愛関係というものでしょう。それがいつの日か会話が弾まなくなってしまい、次の約束もなかなかスケジュールが合わないということになってしまうと、お互いの相手に対する温度差の違いを痛感してしまうことになります。そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。

カレンダー

多少、相手に対しての恋愛感情が冷めてしまったということもあるかもしれません。それでも好きに変わりがないのであれば、安易に別れるということは言わないほうが良いでしょう。好きという気持ちがあるのなら、別れ話を切り出してしまうと後で後悔することになるからです。相手もそういった気持ちを敏感に察知して、別れたくないのに、駄々をこねてはみっともないと考えて、結局は破局に陥ってしまうということもあるのです。

別れるのは早計と考えたら、少し冷却期間を置くことも大切です。出会いを経て交際が始まって毎日会ってきたという二人でしたら、つきあっていること自体に飽きてきていることも考えられます。それが二人の微妙な温度差になっているのです。

そういったときは、しばらく会わないで様子を見るということも大事なのです。しばらく会わないでいて、それでも寂しくないと感じるのなら、二人の関係を改めて見直すべきでしょう。逆に相手に対する思いが募っていくようでしたら、また会うようにして、以前よりも良好な関係を築いていけるでしょう。

2017.05.19