恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> お互いの違いを尊重する > お互いの生活を尊重する

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

お互いの生活を尊重する

出会いを経て交際を始めたばかりのカップルであれば、愛する恋人といつも一緒にいたいと思うものです。しかしそれぞれの生活がありますし、学生であれば毎日の勉強やバイト、社会人なら仕事や人付き合いも大変ですから、四六時中いつでも恋人のそばにいる訳にはいきません。同じ学生同士、社会人同士ならまだしも、片方が学生で片方が社会人というカップルの場合、頻繁に会うのは難しいでしょう。

あっちこっち

そうした立場の違いに加えて、男性と女性、さらには個人の恋愛観とはえてして違うものです。「恋人とはいつでも会いたい」と思う人、「月に数回デートできればいい」と思う人もいるでしょう。後者の愛情が少ない訳ではなく、相手と同じように強い愛情を持っていても、月に数回程度会うくらいでもいいと思う人と、毎日でも会いたいと思う人がいるというだけの話なのです。「恋人と毎日会いたい」と思う人は、ある意味嫉妬深い人かもしれません。「月に数回のデートで十分」という人は逆に相手を信頼していると言ってもいいでしょう。

お互いの相手を思う気持ちが同じくらい強くても、恋愛に対するスタンスの違いをしっかりと認識しておけば、多少すれ違っても落ち込むことはありません。恋人同士であればいつでも一緒にいたいと思う気持ちは当然です。しかし、お互いにお互いの生活があるということも忘れず、尊重しなければいけません。それが自分を選んでくれた恋人に対する愛情と誠意というものです。

2017.06.05