恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> お互いの違いを尊重する > 考え方が違って当然

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

考え方が違って当然

男性と女性では、恋愛に対する考え方が違っていても当然と言えるでしょう。俗に女性のほうが恋愛に対して情熱的であり、男性のほうは恋愛に対して少々ドライに考えているという意見もありますが、単純に男性だから、女性だからということではありません。嫉妬深い男性もいるでしょうし、女性の方が恋愛に対してドライに考えているという場合ももちろんあります。本質的に恋愛観の性別による違いはないと考えてもいいでしょう。

指輪

二人が出会いを経て親しくなっていく間には様々な出来事が起こります。ケンカをしたり、別れ話が出たり、そこから仲直りしてより強い信頼関係を築けることもあるでしょう。それまで他人だった、考え方やモノの価値観の違う二人がつきあうのですから、意見のすれ違いや衝突などはあって当然なのです。

特に物に対する価値観の違いというものは大きいでしょう。同じ物の価値に対し、高いと感じるか安いと感じるかの金銭感覚の違いも関わってくるからです。そういった点に気づいたとき、「はたして将来この人と一緒に生活できるのか」と不安になることもあるかもしれません。しかし、それまでの生活や生い立ちが違う個人同士の物事に対する考え方は違って当然です。そのような二人がつきあっていくのですから、そこはお互いの気持ちと違いを尊重すべきでしょう。逆に言えば、その違いを許容し、尊重できる相手でなければ将来を共にするパートナーに相応しいとは言えないのではないでしょうか。

2017.06.15