恋人との深い絆は誰でも憧れるものでしょう。このサイトでは恋愛でより深く愛される方法をご紹介します。

恋愛でより深く愛される方法> ケンカを避けるコツ > 素直でいよう

人気記事ランキング
写真

2015.04.17

自分のため相手のため

出会いの機会を得たいと考えている人は多く、けれど、社会人になってからはそうした機会を...

写真

2015.05.22

一緒にいる時間を意識して増やそう

恋愛対象として意識した相手に、相手にされないとなったら悲しいですよね。でも、好きになって...

写真

2015.06.03

聞き上手になる

出会いを求める人たちの会合や集いに出席した際に、気になる異性を見つけたら、まずは聞き上手に...

写真

2015.06.24

忘れられない恋の特徴3つ

新しい出会いをいくつも重ねてもいつも過去のある人と比べてしまう、そんな忘れられない恋の...

写真

2015.05.15

関係を好転させたいなら

長年の片思いを好転させたい場合、告白が1番ふたりの関係を動かします。今までの付き合い方を...

最新の記事
お勧めの記事
写真

2015.03.30

親しき仲にも女性らしさあり

交際期間が長いカップルや同棲や結婚をして生活を共にしている人を悩ますのが倦怠期という...

写真

2015.04.22

家族になる日のために

社会人になってからの出会いは、学生の頃よりもより強く将来の関係を意識させてくれるものです。

写真

2015.06.05

ほどよいパーソナルスペース

出会いの場で互いについての情報交換を行う時間は限られていることから、できれば二次会へと進みたい...

カテゴリー

素直でいよう

素直な二人

恋人同士の交際が長くなると、倦怠期やケンカなど、望ましくない出来事が増えてくるものです。二人が出会い、恋人として交際し始めた頃には、こんなにケンカするようになるなんて思っていなかったと悩む人もいるのではないでしょうか。どうして愛し合う恋人同士の交際が長くなると、ケンカをしたり、相手を疎ましく思ったりしてしまうのでしょうか。

「決して恋人を嫌いになった訳ではないのに、出会いから間もない頃のように仲良くできない」というのであれば、その頃と現在の自分の態度を一度比較してみましょう。何かが変わったとすれば、それは自分かもしれないのです。

「なぜケンカになってしまうのか」と考えた時、「相手が理解してくれないから」と答える人は多いかもしれません。「これだけ長くつき合っているのに、自分のことを理解してくれていない」と怒る人のほとんどは不思議なことに、逆に自分が相手を理解する努力を怠っている可能性があるとは考えないのです。

ちゃんと相手に向き合い、理解し合う努力を続けたカップルなら、そのような文句を口にしても仕方ないでしょう。ですが、長く交際を続けているだけでは、お互いの理解は深まりません。恋人同士でケンカする原因の多くは、「理解し合うための努力を怠っていること」、「気持ちを素直に伝える努力を怠っていること」なのだということを、ぜひ心にとめておいてください。

優しさのつもりで、相手を想って小さな不満や疑問を飲み込んでいないでしょうか。その小さな不満はどんどん心に蓄積されてゆき、大きく育ってしまいます。それが、なにかのきっかけで溢れ出すと深刻なケンカになってしまうのです。恋人に疑問や不満、不安などを抱いたのなら、その都度丁寧に、そして冷静に話し合い、気持ちを伝えましょう。自分の考えを知ってもらうためにも、相手の気持ちを知るためにも、理解し合うための努力を継続して行うことが大切なのです。それが、ケンカを避けるためのコツです。

2018.03.26